メンズ

デキる部下はエッチも上手い。~無表情くん、女上司と夜通しセックス 第2話
 781
メンズ エロ

「ここコスられると気持ちいいでしょう?」やだ…そんなふうにヌルヌルされたら欲しくなっちゃう…!――会社トップの成績を誇るチームを率いる、相沢美咲。ところが…とあるトラブルから降格の危機!? 落ち込みながら一人バーで飲んだくれる美咲に、仕事のデキる部下・北倉が声を掛けてきた。彼の慰めが心地よく、いつの間にか泥酔していた美咲は――気が付けば北倉の家に転がり込んでいて…!「構ってほしかったんでしょ?」硬くなったクリをこね回されて、とろりと蜜を滴らせてしまう。強引だけど優しい北倉の愛撫に、美咲のアソコは徐々にほぐされ…――

密約〜A Secret Promise〜 第2話
 10
オフィス メンズ 青年

ムン・ヒョンスとイ·ジス。二人は自分の人生を狂わせたキム・デミョン会長に復讐するため、ある密約を交わすことになる。利害関係で成り立った二人の関係だが、徐々にお互いのことが気になり始め…?二人の復讐と愛の行方は一体どうなる!? 【本コミックは、いわゆる成人向けコミックではありませんが、一部暴力的または性的な描写が含まれておりますので、ご購入はご自身の判断と責任において行なって下さい。】

サディスティック・ラヴァーゲーム 第8話
 118
メンズ 青年

財閥の御曹司である桑。その奴隷として扱われた竜胆。異様な世界で育った2人の中には、やがておぞましい怪物(サディスト)が生まれる。 数年後、立場が逆転し再会した2人。怪物VS怪物、歪みきった愛のゲームが始まる…。

有栖川煉ってホントは女なんだよね。 第2話
 47
メンズ 青年

「いっ…言わないで。何でもするから…」売れっ子タレントの有栖川煉は――女だった!この状況、ヤレるとこまでヤっちゃうよ…?――有栖川煉は俺のいとこ。テレビで良く見る有名タレントだ。ある日、仕事から逃げてきた煉を匿ってあげたんだけど、お風呂場でのハプニングにより、なんと「女」だったことが発覚!!…マネージャーから匿ってくれたら「何でもする」と約束した煉に対し、俺はAVで見て憧れていたエッチなプレイを要求。恥ずかしがる煉のカラダをほぐしているうちに、いよいよ我慢ができなくなって……!!

非常階段〜快楽への裏口〜 第2話
 21
ハーレム メンズ 青年

どこにでもいそうな至って普通の会社員・安定博(あんじょう ひろし)。彼はある日、新入社員の麗(うらら)と部長が社内の人けのない場所で、エッチなことをしている場面を目撃してしまった。彼はとにかく事なきを得るために不倫行為について黙っていようとしたが…。しかし、麗はそんな彼を屋上に呼び出し、「主任、あの時見たんでしょ?」と逆に攻めてきた! しかも「口封じ」という名目で会社の同僚の間で行うには非常に不適切な「サービス」をすると言い出すが…? 【本コミックは、いわゆる成人向けコミックではありませんが、一部暴力的または性的な描写が含まれておりますので、ご購入はご自身の判断と責任において行なって下さい。】

「1分間だけ挿れてもいいよ…」シェアハウスの秘密ルール。 第2話
 1138
メンズ 青年 エロ

ひとつ屋根の下、止まらない腰使い。喘ぐあの子が可愛すぎて…何度もイってる敏感な突起に、硬いアレをこすり付けて…――大学進学を期にシェアハウスに入居した俺。そこには家事嫌いなズボラ美女2人が住んでいて「家事を1つ代われば1分間カラダに触っていい」と冗談みたいなルールを提案されてしまう。半信半疑できわどいタッチを繰り返すが怒られることもなく、1分限定の性感開発にのめり込む日々。毎日愛撫で焦らされ意思と無関係に熱く濡れるアソコ…欲情した俺は「ナカにタッチするだけだから」と挿入を迫り…

異世界ハーレム物語 第2話
 778
ハーレム SF.ファンタジー メンズ エロ

オナニーだけが生き甲斐だった…そんな童貞の俺が異世界では…勇者!?どうやら俺の精液に女の子たちの潜在能力を引き上げる力があるらしい!!魔王を倒すためにパワーアップしたい女剣士のフィリア、シスターのティアーネ、エルフのリュゼの3人にセックスをおねだりされた俺はついに童貞を卒業するべく…!?

「朝までするけど…大丈夫?」~絶倫アラフォーの激しめエッチ! 第2話
 112
学園 恋愛 メンズ 青年

「そんなに責め続けられたら…私っ……」――恋人と別れ仕事一筋の26歳の真琴。ある日、仕事先の男と宅飲みをしていると、仕事のグチで盛り上がってしまいお酒が進み自暴自棄になってしまう。すると、突然押し倒されてしまい…!? 真琴より一回り年上だったため意識もしていなかったが、真剣なまなざしで力強く抱きしめられると…。優しくピンポイントで敏感なトコロを刺激する愛撫と、何度も何度も責め続ける力強さで胸の鼓動は早くなり身体はトロかされてしまう。「まだ…もうちょっとだけ…続けようか?」