単行本

何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。(Raw – Free) 第7.2話
 435
魔法 ファンタジー 単行本

とある王立魔法図書館で司書を務める少年・セレル。あくまでも「ただの司書」であると主張する彼だが、幼馴染の王女・フィオナと談笑し、高度な魔法を操り、膨大な仕事量を1人でこなすその姿は、どう見ても「ただの司書」ではなく――? 大図書館を舞台にした、訳ありまくり司書のビブリア・ファンタジー開幕!!