妖精

青薔薇アンティークの小公女 (Raw – Free) 第8.1話
 241
ファンタジー 妖精

身寄りを亡くし、絶望の淵にいた少女ローザ。彼女はある事情で、居場所も母の遺品すらも奪われてしまった。そこに手を差し伸べてくれたのが、美貌の貴公子アルヴィンだった――。 妖精の伝承が薄れた産業革命時代。孤独な少女と銀の貴公子が、かけがえのない愛を見つける。これは時代に忘れられた、優しいフェアリーテイル。

TOP READ
DAY
WEEK
MONTH